詳しい合宿免許図鑑

2020年5月15日

バイク免許取得 大型バイクの選択肢

あなたも、いま、バイク免許取得して、格好いい、オシャレなバイクで、街を悠々と走行したいと思っている頃ではないでしょうか。

大型バイクを購入するとき、決め方のポイントはここです。

大型バイクの免許取得はムーチョで

種類で選ぶ

大型バイクには、 スーパースポーツ、ツアラー、ネイキッド、アメリカン、オフロード、モタード、デュアルパーパス、スクーターと言った選択肢があります。

それぞれの違いをまずはチェックしておきましょう。

スーパースポーツ

スーパースポーツは、レーサーレプリカとも言われているタイプのバイクです。

メーカーがレース活動のために開発したバイクが前提となっているため、バックステップやセパレートハンドル、カウルなどを装備しているケースが多くあります。

また、エンジンの性能がいいので、このタイプのバイクで、峠などツーリングをenjoyすることができます。

ツアラー

ツアラーは、 レーサーレプリカと比較して、それほど前傾姿勢はきつい感じではなく、 大型のカウルも装備し、高速道路なども悠々とツーリングすることができます。

ネイキッド

ネイキッドは、クレードルフレームにエンジン搭載、 丸形のヘッドライトが魅力的なバイクです。

アメリカン

アメリカンは、 本来はアメリカの長く続く真っ直ぐな道路を走るために設計されたバイクだということです。

アップハンドルに突き出たステップのチョッパーが特徴です。

オフロード

オフロードは、 舗装されていない道路をがんがんに走行するため開発されたタフなブロックタイヤを装着したバイクです。

モタード

モタードは、オンロードタイヤを装着したオフロードバイクのことを言います。

ダートにプラスαオンロードにも強みがあります。

デュアルパーパス

デュアルパーパスは、オフロードとオンを両方、気分よく走ることができるバイクです。

スクーター

スクーターは、 クラッチレバーやクラッチペダルはなく、無段変速機を装備しています。
前傾姿勢は全然きつくはありませんので、運転もとても楽に感じるでしょうか。

ミドルクラス

ミドルクラスは、はじめての方々におすすめバイクです。

エンジンの排気量が1000cc未満の大型バイクがこれですす。

大型バイクの中でも比較して軽めで、エンジンとフレームのバランスもとてもいい感じです。更に、リッタークラスは、 エンジンの排気量が1000cc以上の大型バイクのことです。