詳しい合宿免許図鑑

2020年5月15日

バイク免許取得の選択肢

バイク免許取得は、指定自動車教習所で免許取得か、一発試験の免許取得か、二つの選択肢があります。

指定自動車教習所で取得

指定自動車教習所で取得は、 新規免許取得者の97%がこの方法を選択しています。

指定自動車教習所とは、公安委員会の基準に適合することができ指定を受けた教習所です。

卒業すれば、運転免許試験場での技能試験を免除してもらうことができます。

こちらの方法では、 バイクの乗り方や、起し方、また、運転技術や、道路交通法、交通マナーと言ったものは、全部、最初から教官から教えてもらうことができます。

はじめてという人たちは、 指定自動車教習所の免許取得がおすすめです。

また、指定されていない教習所の選択肢もあります。

こちらでは、技能試験や学科試験は免除にはならないで、自分自身で、運転免許試験場で試験を受けることになります。

ただし、 教習料金は、割安料金で受けることができます。

一発試験で取得する

もうひとつの選択肢は、一発試験で取得するケースです。

一発試験で取得する方法は、教習所をいちいち利用しないで、自身の住所地にある運転免許試験場で、直接、運転免許取得します。

一発で運転免許取得することができるから、料金が試験費用、車両使用料だけで済ますことができ、リーズナブル料金で運転免許取得することができます。

しかし、バイク免許取得の難易度は高いです。

運転免許を失効してしまった人たちでも、バイク免許を再度考えて受けるものの、何度もトライしないとなかなか免許取得出来ないケースがあります。

まさに、一発免許取得することができれば、料金がかなりお得にすることができる訳ですが……。

意外と割高になってしまう人たちも多くいらっしゃるようです

バイク免許の種類原付免許(原付1種)

原付免許(原付1種)は、16歳から乗ることができる一番ハードルの低い免許取得です。

排気量50cc以下のバイクに乗ることができます。

適性検査&学科試験と原付講習(3時間)に合格すれば、既に運転免許取得することができます。

かかるお金は、運転免許試験場の場合8,050円程度です。

Honda エイプ / Honda モンキー / Honda ジョルノなどバイクに乗ることができます。

普通免許取得をすれば、自動的に、原付バイクは誰でも運転することができます。

このバイクは、2段階右折の義務、30kmの速度制限のルールをしっかり守らなければ駄目です。

また、自動車重量税はありませんが、 軽自動車税2,000円の支払いがあります。