詳しい合宿免許図鑑

2020年5月15日

バイク免許取得の種類 小型二輪免許/AT限定小型二輪免許

バイク免許取得をしようとしている人たちは、まず、バイクにどのような種類があるのか把握しておきましょう。

小型二輪免許/AT限定小型二輪免許

小型二輪免許/AT限定小型二輪免許は、原付2種と呼ばれる種類です。

いろいろ魅力的なバイクが多く販売されていますが、おおかた、この種類が一番多いです。

魅力的なデザインのものが多くあり、公道も他のクルマの流れに従い、スムーズに走ることができます。

二人乗りもno problemです。

また、移動距離50キロで、街の行き来で利用する程度なら充分に利用することができると思いますよ。

AT限定小型二輪免許はクラッチ操作がなく、 オートマチックしか運転することができません。

排気量125cc以下のバイクを運転することができます。

16歳から免許取得することができます。

最短6日間で運転免許取得することができます。(AT限定は5日間)

運転免許取得すれば、 Honda グロム / スズキ アドレスと言ったバイクに乗ることができます。

普通二輪免許/AT限定普通二輪免許

次のおすすめバイクは、普通二輪免許/AT限定普通二輪免許です。

普通二輪免許/AT限定普通二輪免許は、合宿免許でも、一番取得率が高いバイクです。

街乗りからオフロード、レーサータイプと言ったバイク全般を運転することができます。

二人乗りは、no problemですし、高速道路を走ることができます。

旅行やツーリングにはもってこいのバイクと言っていいでしょう。

AT限定普通二輪免許で運転可能なビッグスクーターが最近人気のバイクです。

16歳からから運転免許取得することができ、 排気量400cc以下のバイクを運転することができます。

Honda CB400SF / スズキ バーグマン400ABS / ヤマハ SR400などがこの種類のバイクです。

大型二輪免許/AT限定大型二輪免許

次のバイク種類は、大型二輪免許/AT限定大型二輪免許です。

大型二輪免許/AT限定大型二輪免許では、 ハーレーを運転することができます。

バイク好きの人たちは、ここまでの運転免許取得をししたいと思っているのではないでしょうか。

以前は、この免許取得は、 試験場のみで取得可能だったのですが、
教習所で取得可能となり、その分ハードルが低くなったといういい方もすることができます。

しかし、 車体が大きいので、それだけ扱いにくいバイクであることは間違いありません。

体格や技能にも左右されるので、 普通二輪免許を取得してそこからステップしていくのがおすすめです。